日本柔道整復健康増進協会とは

当協会では、上記理念に則り、目標を掲げて全国の会員の皆様と共に、今後の柔道整復業界の発展を図ってまいります。

目標

1
当協会及び柔道整復の必要性・認知度を高め、国民の健康維持・増進における社会貢献度を向上させる。
2
柔道整復固有の新たな治療技術・治療方法を研究普及する。
3
高齢者の健康維持・増進のための治療技術の開発普及を行う。
4
損害保険各社との共同研究会を設置し、交通事故治療における効果的な治療方法を研究普及する。
5
各学会・学術団体との共同研究会並びに情報交換会を設置する。
6
経営並びにマーケティングに関するセミナー・研究会を閘催し、各院の経営基盤の磐石化を図る。
7
国内外の様々な整復治療を研究し、効果的な治療方法について柔道整復との融合を図る。
8
各行政監督庁との情報交換会や、トラブル防止のための総合窓口部門を設ける。

理念及び目標の達成のためには、まず全国の会員の皆様に対するサポートを充実・徹底しなければなりません。そのことが、患者の皆様や保険者からの信頼を得ることに繋がり、ひいては柔道整復業界全体の発展に繋がると信じております。

しかし残念なことに、現在多数ある柔道整復に関する各種団体・法人の大部分においては、会員である各柔道整復師の先生方に対するサポートが不十分であったり、自団体の利益獲得にのみ執着して、真に各会員の利益を考えたサポートが存在しないというのが実情です。

そこで当協会では、次に掲げる5つのサポート体制を柱として、会員の皆様に対する迅速かつきめ細やかな支援をお約束します。